矢印TOPページ     矢印玄関・キッチン     矢印浴室・洗面所      矢印トイレ・寝室     矢印子供部屋・和室

 

  子供部屋リフォームリフォーム 花子供部屋は健康に配慮した機能的な空間づくりがポイント!

 

・内装材
お掃除がしやすく、アレルギーなどに配慮した素材選びを。自然素材や空気環境をよくする内装材もおすすめです。ただ、無垢の床材や自然素材の塗り壁などはキズがつきやすかったりする場合があるので、そういった点も考慮しながら選びます。2階の部屋の場合は、階下への音の配慮も忘れずに。

・収納
あまり広くないスペースに、どんどん持ち物が増える子供室。余裕をもった収納スペースを確保して、限られたスペースを有効に活 用することがポイントです。片付けしやすさも大切で、楽しく片付けることできちんと整理する習慣を身につけます。また、将来的なレイアウト変更に対応できる可動式収納もおすすめです。

・通風・採光
自然光がたっぷり入って、風通しのよい部屋が理想的。暗い部屋の場合、窓を大きくしたり、新しく窓をつけることが一番ですが、別の部屋や廊下側に明かりとり窓を付けることで改善する方法もあります。又、北側の部屋で寒さが気になる場合は、単板ガラスをペアガラスに交換したり、内窓をつけたりして対策を。

・証明・その他
机に向かうことが多い子供室は、目にやさしいインバータタイプの全般照明と机の上のデスクスタンドを組み合わせて。どちらも明るい光の昼白色蛍光灯がおすすめです。また、コンセントなどはリフォームの機会に多めに設置しておくと、レイアウトの変更にも柔軟に対応できます。

 



  和室リフォームリフォーム 花多目的に使える和室は、その用途に応じたリフォームプランが大切です!

・内装材
和室の床材といえば畳。吸湿性に優れた素材ですが、近年カビやダニの問題で健康に配慮して畳 床にひのきや炭を使った畳など 色々な畳が登場しています。デザイン性では、縁のない琉球畳やカラー畳も人気で、畳暖房も注目です。壁材は伝統的なジュラクだけでなく、珪藻土を使った塗り壁や和紙のクロスなどが落ち着いた空間づくりにおすすめです。

・収納
和室は押入の使い方がポイントです。収納物に合わせて効率よい収納を計画します。客間として使う場合はあまり家具などは置 かず、飾る部分も考えて。寝室として使う場合はクローゼットにするのもいいでしょう。床下収納などもおすすめです。すっきりとさせることが和室の収納では大切です。

・窓 
基本的に和室の場合、引き違いの窓に内障子が入っていて薄暗い印象です。明るくしたい場合は窓を大きくしたり、増やしたりしますが窓を取替えしない場合でも、内障子を和紙のブラインドやロールスクリーンにするだけで印象が明るくなります。また雨戸は 採風・採光ができるルーバータイプの雨戸に変更すれば、明るく快適に過ごせます。

・照明
和室の照明は客間、寝室など用途に合わせて選ぶことが大切です。茶の間として使う場合は明るめの蛍光灯、客間は落ち着いた白熱灯など。また、最近は天井にぴたりと設置できるシーリングが主流ですが、竿縁天井・格天井などの本格的な和室にはペンダントが適しています。天井をすっきりさせたい場合は埋め込み器具もおすすめ。空間の演出には和風のフロアスタンドが最適です。

・その他
和室を茶の間として使う場合は、床暖房や堀座卓を設けたり、床をリビングとフラットにつなげて一体化させるといったプランがおすすめ。また逆に和室の床高を30pくらい上げて床下を収納にし、空間の変化と収納を両立させるなどのプランもあります。




おすすめWEBサイト 5選


さいたまで新築一戸建てを探す



最終更新日:2019/4/11

 

Copyright(C) in the reform All rights reserved.